ダウンロード
令和元年9月中の特殊詐欺被害
9月中、徳島県内で認知された特殊詐欺は2件発生し、キャッシュカードの窃盗と融資保証金詐欺が各1件でした。キャッシュカードの窃盗では、阿南市の高齢女性宅に「あなたのキャッシュカードが東京で不正に使われている」などと警察官を装った電話があり、女性宅を訪れた別の男に3枚を盗まれ、このうち2枚が使われATMから100万円を引き出されたものです。融資保証金詐欺は、インターネットの融資申込サイトに登録していた50歳男性に事業所社員を名乗る男から電話があり、男性は10万円の融資を申し込み、一時預かり金などの名目で20万円をだまし取られたものです。
Taro-特殊詐欺月別統計(R1.9.pdf
PDFファイル 46.7 KB

ダウンロード
平成30年中の特殊詐欺被害
Taro-特殊詐欺月別統計(30.12.pdf
PDFファイル 43.1 KB

平成30年8月 架空請求詐欺6,802万円被害~過去最悪の被害額

徳島市内70代男性が、裁判所職員や弁護士をかたる男から「健康食品の購入代金の未払いがある」「裁判の取り下げ手続きを進める」などと電話があり、さらに「和解金、裁判所の取り下げ費用が必要」と要求され、7回にわたり自宅に来た弁護士事務所職員を名乗る男に計6,802万円を手渡し、だまし取られています。

県警の統計が始まった2003年以降、架空請求詐欺として過去最悪の被害額

身に覚えのない請求は、詐欺と疑い 警察に相談を!#9110


   特殊詐欺は、65歳以上の方の被害が全体の8割近くを占めます。息子等親族をかたるものだけではなく、警察官、弁護士等を騙り、不安を煽る話をして取り入る手口をはじめ、手口が巧妙化、複雑化しています。

 

 ご協力を! 金融機関等の窓口での被害防止対策が図られています。

 金融機関、コンビニエンスストアをはじめATMで金融機関等の職員から声かけやマイクでの呼びか けがあったときは冷静に対応してご協力を お願いします。

 

 ○ 警察官をかたる「騙されたふり作戦」でお金を準備してくださいは詐欺です。直接、警察署に確認しましょう。

  

 ○ ATMで還付金が戻ることはありません。徳島市内に居住する高齢女性から医療費還付金に関する相談電話がありました。

 

    女性は通帳の話をされおかしいと判断して防犯協会に相談電話をかけてくれ被害を未然防止することができました。

 

 ○ サーバー型プリペイドはカード所持に関係なくコンピュータ上でバリュー 管理がされます。その鍵がカードID番号ですので

   「コンビニで購入してカード番号を送れ」は詐欺です。    


ダウンロード
振り込め詐欺等特殊詐欺被害防止
現金振り込め型から手渡し型、送付型と巧妙化しています。悪質な手口は忘れた頃に繰り返し行われますので注意しましょう。顔も見えない相手の言う「うまい話」は詐欺です。
高齢者の犯罪被害防止.pdf
PDFファイル 1.5 MB

ダウンロード
特殊詐欺の手口を知ろう
徳島県下も例外ではありません。代表的な犯罪手口を知って犯罪被害を防ぎましょう。
特殊詐欺に注意.pdf
PDFファイル 96.7 KB

ダウンロード
心当たりありませんか??
突然!お金に関する話は要注意!! 見えない相手からの「金送れ」「儲かる」等の話に即決厳禁。まず相談しよう。
特殊詐欺.pdf
PDFファイル 461.2 KB

◆30.7.5 特殊詐欺被害防止啓発装置(見守りメッセンジャー「すみな」)贈呈式

  当協会では、徳島市アミコビルにおいて、みだしの装置50台を阿波銀行及び徳島銀行に送る贈呈式を行い、県内の両銀行無人ATMへの取付を依頼し、式では中学生シンガーとして活躍されている丸山純奈さん(特殊詐欺被害防止広報大使)から両銀行に装置が手渡されました。

  この装置は、無人ATM利用者に対して、丸山純奈さんの音声によって、特殊詐欺被害の注意を呼びかけ、被害防止を図るものです。

  


◇平成30年10月7日徳島ヴォルティスのホームゲームにおいて、

 特殊詐欺被害防止広報の実施

 徳島県内で架空請求等の特殊詐欺被害が多発しており、スタジアム来場者に対して、電光掲示板及び音声による被害防止の呼びかけを徳島ヴォルティスのご協力を得て実施しました。 

 

 


「振り込め詐欺等被害防止」広報板の活用

 

県警音楽隊は県下一円で演奏会を通じて警察の各種広報活動を推進していますが、この度、協会が支援した振り込め詐欺被害防止を呼びかける広報板を演奏会の都度掲出して、来場者に対して増加する振り込め詐欺等被害防止の注意喚起を行っています。


ダウンロード
「悪徳・送り付け商法に注意!!」
「注文を受けた××を送ります」などと一方的な電話をかけて健康食品等を送り付け、代金引換や現金書留等でお金を支払わせる「送り付け商法」の被害が県内で多発しています。注文していない場合は、明確に「いりません」と受領を拒否しましょう。警察本部が一部の宅配業者と連携して、宅配業者がご家庭を訪問して「送り付け商法に注意」と題したチラシを25年10月31日から配付して注意喚起を呼びかけています。チラシを見た場合は、ご近所、お友達にも伝えて下さい。警察総合相談♯9110
送り付け商法.pdf
PDFファイル 885.7 KB
ダウンロード
送り付け商法1.pdf
PDFファイル 684.5 KB